ブログ始めました。自己紹介 これまでの生活①

はじめまして、kazusuruです。

ブログを始めたのは、経済的な安定を図るためと、外に向けて文章を書きたいという欲求があったからです。

読んでくださる方に、伝えたいことを正直に書いていきたいと思っています。

 

自己紹介

私は30台後半の男です。

おとなしい性格だと思っています。スポーツもしましたが、団体競技は性に合わなかったです。よって、友達も少なめです(笑)。表立って素行が悪いことはしませんでしたが、高校くらいになると反抗心がうずまいており、ちょっとした反抗をしていました(笑)。

大学生活

福祉系の大学に入学し、あまり真面目ではない学生生活を送りました。

アルバイトと親のお金で車とバイクを買いました。バイクは4年間で3台乗り換えました、ファッションとして乗っていた感じです。ツーリングなどの遠出は通算でも数回程度(笑)。車は4回生の時に中古で購入し半年乗って売りました。改造済のローレルでした(笑)。これもファッションでしたね。

外にでて遊ぶよりは自宅や友達の家でゆっくり遊ぶことが多かったです。ちょっと変な(笑)友達数人の影響で漫画やパソコンゲームなどにはまりました。

本を集めることに執着し漫画や小説などの本を1000冊以上そろえ、図書館のようだと悦に入っていました。読むよりは集めることに熱心でした(笑)。人気作品ではなく、知る人ぞ知るといった個性的な作品ばかりが気になり、人気作品を読むのは負けとも思っていました(笑)。今はもちろんそんなことないです。(笑)しかし、あのこと大事にしていた作品がほとんど手元にないということは、やはり周りの目を意識していたのだとわかりますね。今でも残っているのは、手塚治虫「火の鳥」「ブラックジャック」「空気の底」「きりひと讃歌」「アドルフに告ぐ」「奇子」など、楳図かずお「わたしは慎吾」「イアラ」。漫画ばっかりですね。

アルバイト先に面白い社員の方がいて、その方からいろんな本を教えていただきました。高橋和巳「邪宗門」、ドストエフスキー「悪霊」、太宰治などです。青春時代を安保闘争の終わり頃の東京で過ごした方でした。毎日酒をのみそのまま寝てしまうような、今まで出会ったことのない大人(笑)の方でした。その方の生活や考え方から影響を受けることもありました。私も若かったです(笑)。それらの本を読んで得たことは、人間の精神はあまりに脆弱であり、想像できないくらい屈強でもあり、そして美しいということです。人間への興味が出てきた瞬間と言ったら言い過ぎでしょうか(笑)

押井守「イノセンス」をみて、球体関節人形を作ろうとおもいました。実際にネットの情報を参考にして1体つくりました。身長1メートルくらいのやつ(笑)。途中投げ出していた時期もあり1年半ほどかかりました。百均で女性のコスメを買う時の緊張感はいまでも覚えています(笑)。今は家の奥で眠っています(笑)。人間はなぜ自分の似姿、それも人体の理想形を形にしたいのか、それは本能だとか思ってました(笑)。なぜ作ったかといえば、創りたかったという以外に思いつきません。なんで人形に惹かれるかの心理はちょっと気になります。そういう本は持ってるけど、熟読はできてない・・。そういう中途半端にしてること、かなりあります(笑)

大学で一気に本好きになった私は、図書館で働きたいと思い、通信教育で図書館司書の資格を取ろうと学校に入学しました。が、ほとんど何もせず・・一度だけスクリーニング授業というものに出席し、それでおわりました(笑)。立派な挫折ですが、まだ終わってないと思っています。またチャレンジしたいです・・いつか。

オーディオにも、ほんのちょっとだけはまっていました。30万くらいかけてよくわからない機材をそろえ、ちょっと大きめな音で音楽をかけて悦に入っていました(アパートだったので!)。そのころは、クラシックやテクノミュージックが好きでした。クラフトワーク、クラスターとかドイツがすごい!とか思っていました(笑)。(今は、ジャパニーズヒップホップ一択です!)

家がアパートだったのですが、家の中がカオスでした。いかに生活感を消してカッコイイ空間にするか、にすべてをかけていました。コンセプトは変な本屋さんです!ちょっと変な友人の指導もあり(笑)、壁や天井には壁が見えなくなるまでポスターや新聞紙を張りまくり、人形や変な置物を大量に飾り、180センチの本棚6個(そのころは1000冊以上本がありました)を図書館のように配置し、、というふうにすごい変な部屋でした。親に買ってもらったベッドはリサイクルショップに売り(ちゃんとあやまった!)、ソファベッドを購入。柔らかすぎで背中が痛いけど、生活感を消すほうが大事!(笑)。勉強机もないから床で課題してた(笑)

煙草に依存していました。なくなるの怖い・・って思ってました。今はすってないけど、吸いたい気持ちもわかる。

大学で世界が広がりました。いろんな人と出会い、ネットを使い始めて多くの情報を得ることができるようになり、自由になるお金が増えたことで、さまざまな学び・失敗を繰り返してきました。後悔はないと言ったらウソですが、過去を悩むことが無益であることもよくわかっているつもりなので、今後に活かせることだけを振り返って、いい思い出として思い出すようにしたいです(希望)。

大学生活での学び

大学でなくても、自分の裁量で自分の好きなことをするという経験は、自分の成長になると思います。変なことをしてしまうこともあると思いますが、それがうまくいく場合もあるし、間違っていたらそれは次への経験になります。この経験は自分の中での価値観を決めることにつながることもあります。周りの環境に影響されることも多いでしょう。理想の環境を選ぶのは難しいし、運もあるでしょう。理想の環境なんてわからないことが多いでしょう。思うのは、共通の理想なんてないし、自分の中の理想も常に変化するということです。周りの環境に合わせて自分の理想を最適化できたらいいですよね。そのために自分の理想の形をなるべく具体化できていたらいいですね。大学生の私はできていませんでしたが、今の私の理想はかなり言語化できてきました、そして変化しています。自分を理解する時間を毎日少しずつでも取ることができるようにしたいですね。

福祉系の大学を卒業し、就職しました。福祉はしんどいしお金にならない、自分はもっと人とは違うことをしたいと、本気で思っていました(笑)。そしてちょっと普通とは違う(笑)と思っていた節句人形の卸販売の会社へ就職しました。

ちょっとずつ書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA